女の人

借金で困ったら杉山事務所へ~法律のことはプロの法律家に相談~

マイナスの財産を抱えない

スーツの人

故人から相続される財産といえば、大体の人はプラスになるものだと想像するでしょう。しかし、場合によっては自分にとってマイナスな財産を相続されてしまうこともあります。そういった場合は、相続放棄の手続きを行なうことをおすすめします。相続放棄というのは、法定相続人として認められても被相続人となる故人が残した財産がマイナスなものだった場合相続しないようにできます。そうすることで、初めから相続人ではなかったということになりますので負担を抱えなくてよくなります。マイナスの財産というのは、借金が多いです。故人が生前に抱えていた借金が残っていると、相続人である人物が返済していかないといけません。ですが、人によっては幾ら身内であっても自分の借金ではないものを返済するのは嫌でしょう。そういった人が相続放棄の手続きを行ないます。

相続放棄の手続きは、自分だけで行なうことは難しいです。ですから、弁護士に相談するのが一番良い方法になります。弁護士に相談すれば、最初から最後までしっかりと行なってくれます。それに、三カ月以内に相続放棄を行なうかどうかを決めかねる時などの手続きも行なってくれますので焦らずに決められます。どこの弁護士が良いのかは、ネットで検索してみるといいでしょう。弁護士にも得意分野がありますので、相続に関することが強い弁護士が所属している事務所を探してみて下さい。最近では、どのような流れで行なうのか詳しく内容を載せてくれているところもありますので、事前にそういったところで情報を集めてから探すのもおすすめです。相続に関する手続きは、結構複雑ですし最悪の場合だと身内同士で争うこともありますので、穏便に済ます為にもプロの法律家に任せるようにしましょう。